読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつなあたしも1歩づつ。

今年でうつ病歴8年になる「あたし」が、仕事したり、恋愛したり、美味しいもの食べたり、愛犬に癒されたりするblogです。うつ病に対する医学的知識など難しい事はわかりませんのでゴメンナサイ。

『この世界の片隅に』

こんばんは。

休日2日目。ずっと楽しみにしていた映画を観に行ってきました。

f:id:baru1215100:20170223000635j:image

あたしは映画を観るのが趣味の一つになっていて、雑食なので戦争を題材にした作品もよく観ます。

でも、この作品はいろんな人がいろんなところでコメントしているように、今までの戦争映画とは少し違うような気がしました。

 

戦時中を生きていた人の生活がとても丁寧に描かれている。戦争によって漂う悲壮感ばかりではないのです。むしろ、戦時下に生きる人々がいかに戦争を知らないあたし達と同じように日々の暮らしを送っていたか。

勿論沢山の制限、我慢、理不尽はありました。でも、そんな中でも人々は「普通に」生きていました。食べることを楽しみに生きていました。大切な家族との時間を大事にして生きていました。それぞれ得意なこと、不得意なことがありながらも懸命に生きていました。支え合いながら生きていました。

笑って、悩んで、怒って、泣いて。

考えて、考えて、考えて。

あの時代に生まれてきた自分の人生を大切に生きていました。

彼らの営みの延長にあたし達の今があります。

戦争を知らないあたしは戦争というものを何か遠い存在に思ってきた所があるかもしれません。戦時中を生きてきた人々は自分とは違うのだと思ってきた所があります。これは事実です。

でも、この作品があの時代の人々の暮らしをリアルに描いているならば、それは今を生きるあたし達の暮らしと変わりないと思うのです。

抗うことの出来ない時代の波に翻弄されながらも、今、自分に出来ることは毎日の暮らしをいかに前向きに、大切に、幸せに送っていくか。そのことが大事なんだと気づかされたように思います。

 

1人で観に行って、1人で号泣。

映画館から出て、見上げた空は曇り空でしたが、そのグレーでさえ鮮やかに見えました。

また一つ、自分の糧になったような気がしました。

 

読んでくださり、ありがとうございました。