読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつなあたしも1歩づつ。

今年でうつ病歴8年になる「あたし」が、仕事したり、恋愛したり、美味しいもの食べたり、愛犬に癒されたりするblogです。うつ病に対する医学的知識など難しい事はわかりませんのでゴメンナサイ。

公の場ですよ?

こんばんは。

今日仕事中に御手洗に行った時の話です。

女子トイレの入口に入ろうとしたところ、中からスゴく大きな話し声が聞こえてきました。どうやら若い女性2人。(これこれ、お嬢さん方。声が外まで漏れていますよ?)と呆れながら中に入ると、、、人影はなし。

「えっ!?」

 

一瞬怪奇現象かと思ったんですが、よくよく確かめると三つ並んだ個室の両端が使用中。そこから聞こえる大きな声。

「もう出たー?!」

「まだーっ!!めっちゃお腹痛いねんけどーっ!」

「何食べたんアンター!ギャハハ!!」

それぞれが個室に入って大声で会話しているのです。

あたし(他人)が入ってきたのは気づいているはず。それでも会話は止まりません。

女性が。公の場で。大きな声で。シモの話をしている。

 

信じられません。今の若い女の子は皆ああなのですか?信じられない。

「女らしく」という女性差別の話ではありません。公の場でのマナーです。

f:id:baru1215100:20170422000922j:image

「知らない人にはどう思われても構わない」という若者が増えているそうです。

では、今まで知らない人に対して不快な思いを抱いたこと、あなたは一度もありませんでしたか?

一度でもあるのなら、公の場での自分の行為を見直す必要があります。自分自身は気にならなくても。周りにいた人達の中で不快に思った人が1人でも居たならそれはマナー違反です。

「周りにいる人、全員の事を考えるなんて無理に決まってるじゃん!」って思うかもしれませんが。そう思うのなら、自分の周りに他の人達がいる事をちゃんと認識できているという事。その意識があるのなら、周りの人に不快な思いを与えないようにすることは当たり前の思いやりで、最終的には自分に返ってくるものです。

そんなことすら想像出来ない粗末な脳ミソをお持ちなら、家に引きこもってろ!

 

負のオーラ全開!

 

読んでくださり、ありがとうございました。