うつなあたしも1歩づつ。

今年でうつ病歴8年になる「あたし」が、仕事したり、恋愛したり、美味しいもの食べたり、愛犬に癒されたりするblogです。うつ病に対する医学的知識など難しい事はわかりませんのでゴメンナサイ。

距離を置く。

こんばんは。

爆発してから2日が経ちました。

仕事をしている間も頭の後ろの方で沸々と何かが煮えていました。

同僚と楽しく雑談していても、ふっと脳裏をよぎる。苦しいです。

 

あの夜から母と話はしていません。全く口を聞いていない状態です。

いい歳をして、こんなやり方しか出来ないのかと自分が嫌になる瞬間も確かにあるのですが、ここで何かを変えなければ一生あたし達親子は同じ事を繰り返すんだろうなぁと思います。

あたし自身も弱音を吐く相手を選ぶべきだったのかもしれませんが、弱音を吐いている病人に正論をぶつけるあの人を、やはり正しいとは思えません。

母にも非があると思えるうちに。

「全部あたしが悪いんだ」に戻ってしまわないうちに、少し親子関係に距離を置こうと思います。

f:id:baru1215100:20170820012406j:image

一緒に暮らしている以上、簡単なことではありませんが、努力はします。

「いい歳こいて反抗期か。」って思われても構わない。

あたしはあたしの弱さを守らなければならない。あたしの心を守らなければならない。

苦しい本音を打ち明けたのに、余計に傷つくのはもう嫌です。

その為に関係を変える。別のコミュニティを作る。

 

がんばります。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

爆発。

こんばんは。

半年ぶりに爆発しました。今思えば、前回の書き込みは予兆だったのかもしれません。

f:id:baru1215100:20170817213557j:image

「好きで始めた仕事だけれど、いろいろ上手くいかないことが沢山あって、続けていけるか自信がない。」

と、こぼしたあたしに

「いつまでもそんなことばかり言って!いつになったら本気で腰を据えて仕事しようという気になるんだ!私が死んだらお前には一銭も入ってこないんだぞ!」

と、母親。

 

この人は…あたしがどうなったら満足なんだ?

あたしの将来を案じているのかもしれないけれど、その前に、あたしの病気がまた再発したら…とか考えないのか?

そもそも、病人に弱音を吐くなと言う母親ってどうなんだ。

 

母親にとって、あたしは病人ではなく、唯の怠け者なんだなぁということをひしひしと実感しました。

 

うん。ツライ。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

怒りを操る。

こんばんは。

最近ちょっとしたことでイライラとしてしまって自分が嫌になります。

特に仕事でイライラすると、その後必ず自己嫌悪に陥って「あたし、この仕事向いてないんだ」って思ってしまいます。

「こんなんじゃ続けられない。もう辞めるしか無い。今日上司が出勤してきたら辞めますって言おう。辞める1ヶ月前に伝えることになってるから退職するのは来月か。それまで頑張れるかな。あぁ、また職探しの日々。大丈夫かなぁ。」

ドツボにハマってます。

f:id:baru1215100:20170815000725j:image

あぁ。どうしたものか。

 

で、たまたま観ていたテレビでやってたのがアンガーマネジメントの話。

母と一緒に「また横文字並べて大層な…」なんて眺めてたんですが、段々と目から鱗、耳からも鱗。

 

わかるわかる。その感じ。

そうか、あたしが怒りを感じる瞬間ってこういう時なんだ。

 

ホントは、今の仕事辞めたくない。

イライラだってほんの一瞬だもの。

しかも理由はいつも決まってる。

じゃあ、イライラを上手くコントロール出来るようになれば自信が持てる??

 

アンガーマネジメントについて興味を持った1日でした。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

風邪ひいた。

こんばんは。

なんだか一昨日あたりから喉の調子がおかしいなぁと思っていたら、案の定風邪をひいてました。

f:id:baru1215100:20170805232657j:image

たまたま耳鼻科に行く用事があったので、喉の奥を診てもらったら、リンパ腺がどうのこうの…って言われたんですけど、難しくてよくわかりませんでした。

とりあえず熱まで出てしまったので今日は一日中薬飲んで寝てました。

明日からまた連勤なので。なんとか明朝には楽になってますように。

 

世間は夏休みですが、バテずに頑張りたいと思います。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

自分の声が嫌い。

こんにちは。

仕事で必要があって、自分が話す声をボイスメモに録音して聞いているのですが…

f:id:baru1215100:20170725173556j:image

…気持ちわる…。

あたし、こんな変な声なの?

やだー!

 

こんな声で毎日人と話しているかと思うとゾッとする…。

 

みなさんは自分の声、好きですか?

あたしは落ち込むくらい嫌いです。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

優しくしてほしい?

こんばんは。

今日、ふと考える事がありました。

病気や障害を抱えている人が、他の人の助けを必要としている場合、本人に努力はいらないのか。と、いうこと。

感情が上手く伝えられない人なら、仕方がない事かもしれません。

でも、ある程度自分の状態が分かっていて、「すみません」「ありがとう」という言葉をどういう時に言うものなのか理解できている人なら、多少の努力は必要なのではないかと思うのです。

f:id:baru1215100:20170721224240j:image

あたしはウツになって、辛い時期を乗り越えた辺りから昔よりも随分性格が丸くなったと言われます。自分でも、そう思います。

イライラしたり怒ったりするエネルギーが無い、そんな事にエネルギーが使えない、というのも正直なところではありますが、理由は別です。

「人に優しくしてほしい」のです。

だから出来るだけ人に優しくするよう心がけています。

下心があって、いやらしい。

そう思われるかもしれませんが、あたしは自分が自分一人では生きていけないことをイヤと言うほど実感しています。

有難いことに病気は落ち着いてきて、仕事も出来るようになりましたが、これからもたくさんの人に、たくさん助けてもらわなければ生きていけない。

だからあたしは人に優しくする。

間違ってるかなぁ?

正しいかどうかは分かりませんが、あたしはこんな感じで周りの世界と接しています。

まだまだ、足りない部分だらけですけれど。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

自分の最期。

こんばんは。

あるお医者さんのドキュメンタリーを観て、いろいろと考えさせられました。

そのお医者さんは、京都の地から在宅医療の重要性を訴えてこられた方です。

「畳の上で大往生」

しかし、ご自身が3年前に癌を患われて以来、それについて見直してこられたそうです。

本当に自宅で最期を迎えるのが天国と言えるのか。最期を迎えようとする患者さんにとって、あるべき在宅医療の姿とは何か。

長年尽力されてきたからこそ、すぐに答えの出ない難しい問題なのだと思います。

f:id:baru1215100:20170720011453j:image

あたしにはパートナーがいません。

当然、子供もいません。

最期を迎える時、きっと一人なのだろうと思います。

言葉に出来ないぐらい心細く、淋しいんだろうと思います。

でも、だからと言って何をすればいいかなんて分かりません。

お金もありませんし、出来れば自分達の家庭を持っている兄弟には迷惑かけたくない。

病気にはなりたくないなと思っていますが、こればっかりは何ともわかりません。

わからないことだらけ。

先のことなんて、そんなもの。

特にあたし達…と、まとめてしまって気分を害される方がいなければいいのですが…ウツの人間は先の事を考えるのが下手くそです。暗い方、暗い方へ暴走してしまう。

だから思うのです。

無責任かもしれないけど。

 

「今を、生きよう」と。

 

読んでくださり、ありがとうございました。